事務所概要

名  称  野口大介建築設計室
住  所 〒390-1401長野県松本市波田1412-24
℡・fax   0263-92-7647 
     一級建築士事務所 
     長野県知事登録 松本C第27112号
             事務所開設者・管理建築士 野口大介(一級建築士大臣登録305986号)

 

 主宰 野口 大介
  生年月日 昭和41年(1966年)5月9日生まれ
  出身地  東京都
  最終学歴 中央工学校 建築設計科卒業          
  所属団体

                           日本建築家協会(JIA) 正会員
         JIA長野県クラブ    正会員
         長野県建築士事務所協会  正会員
         長野県建築士会      正会員 

 

         東京在住時には建築設計事務所に勤め東京や神奈川、千葉などで住宅を主に色々な用途・構造の物件を担当していました。

 

            信州に移り住み19年。移住後は施工会社や設計事務所などに勤務し、

            木造住宅を主に手がけながら、この地に根を張る様に設計活動を続けてきました。

            地元出身ではないので、客観的視点からこの地を捉える事ができ、

            素晴しい信州の景観・気候風土を設計に活かせるのではないかと思っております。

 

      ○事務所の特徴
        建築設計・監理を業務としている事務所です。
        仕事は主に住宅設計・監理業務が8割。
        その他(保育園・幼稚園・北アルプス山小屋など)が2割程度です。
        また、建築士会・事務所協会を通じて、まちづくり活動にも参加しています。

 

       〇受賞歴

        平成28年度 山の子保育園 藤松建築設計室・HAL設計室 三社共同設計

              長野県建築士事務所協会 建築賞 最優秀賞

              日本建築士事務所協会連合会日事連建築賞小規模部門 優秀賞 

              

 

 

 

〇建築の設計とは(基本的な考え

 建築の設計とは、人と人・人と『もの』の関係を明快にすることであると考えます。
 相互間の関係性や距離を紐解くことでそれぞれの領域が決まり、平面的かつ立体的な形として現れてきます。

 

 建築とは

 建築は気候風土や人の営みに影響されながら、また影響を与える存在であります。
 建築は個人のものであると同時に社会の資本でもあり、環境資源でもあります。
 建築は、住環境はもちろん地球環境の保全に勤める必要があります。